競馬予想を楽しむコツ

競馬

競馬予想を楽しむコツについて簡単にご紹介致します。

競馬の醍醐味は、予想した馬券が当たり、お金が倍増することですよね。ただどの馬が勝つか予想するだけならテレビで見てればいい。でもお金をかけてリスクを背負うことによってその馬券を本気で応援するようになります。外れれば損失、でも当たればお金が増えるわけで、パチンコなどの他のギャンブルと比べても純粋な運要素が強くて楽しい。

競馬を当てるコツとしては、いかに情報を収集し、根拠立てて馬券を絞るかでしょう。競馬においては様々な判断要素があります。馬の特徴から芝の状態、距離、騎手、何レース目か、ゲートは何番か。結局馬自体の力によるところは多いのですが、この細かい差が結果を左右しますので、全てを網羅しなくても良いが、一通りの情報はインプットしておいた方が良いだろう。

馬の距離においては、1400mまではスプリントレース、1600mがマイルレース、2200mまでが中距離レース、3600mが長距離レースに分類されます。
距離の他にも馬の年齢や牝馬限定のレース、4歳以上のレース等の限定レースも存在します。斤量と呼ばれる負担重量も大きなポイントで、馬齢や性別によって重量が決められ、いわゆるハンデとして力が均衡するように調整されています。

競馬はレースの特徴をいかに掴むかが重要になってきます。斤量もそうだが、土か芝かによってもそのレースが得意な馬がいたり、また晴れか雨によって状態が異なってきますし、右回りか左回りかによっても馬の得意・不得意等が変わります。

競馬の馬は競争用に改良されてきた馬です。普通に牧場にいるような乗馬用の馬とは全くといっていいほど違います。また育つ環境も異なりますし、競走馬はケガをすればその競走馬の価値というものは失われますので、安楽死をさせることが多くあります。残酷なようですが、生かしていてもレースには参加できませんし、エサ代がかさむだけですので、必然的にそのような結果になります(まれに競走馬以外のシーンで活躍し続ける馬もいます)。もし遺伝子のいい馬であれば種馬として子孫を残し、その子供たちがレースの第一線で活躍することになります。

競馬の歴史というものは血統の歴史とも言われています。強い馬の良い遺伝子が引き継がれていき、より速い馬だけが現在残っているといった状況です。血統を遡っていくと競馬の歴史というものも同時に見えてきます。いつどんな馬が活躍したか。そして今活躍している馬の子孫が将来どう活躍するか。それを辿ると単にデータ上でどの馬にかけるのかと考える他に、好きだった馬の子孫を応援しようという気にもなるでしょう。

こんな風にして競馬は色々な楽しみ方があるのです。

競馬予想会社徹底リサーチ

馬場

競馬とはどういうギャンブルなのか、ということはなんとなくお分かりいただけたでしょうか。
では、もう少し詳しく「馬券」にどんな種類があるのかをご紹介致します。
はじめに、馬券の種類は10種類あります。ひとつずつ、説明していきますね。
1. 単勝(タンショウ)
1着でゴールする馬だけを予想する馬券です。
馬券のなかで一番わかりやすくシンプルなので、競馬とはなにかを理解したいという方におすすめです。
2. 複勝(フクショウ)
1~3着までにゴールする馬を予想する馬券です。
どの馬が1番ゴールするというところまでは予想しなくてよく、この馬も速そう、こちらの馬と迷っているという時には複勝の馬券を購入しましょう。
3. 応援馬券(オウエンバケン)
先にご紹介した単勝と複勝が兼ねられた馬券です。
1着でゴールすると思う馬を予想しつつ、1~3着までにゴールする馬を順位を気にせず予想します。馬券に「がんばれ!」という文字が入っている点が特徴です。
4. 枠連(ワクレン)
この馬券は、9頭以上が出走するレースの場合のみ発売されます。枠連とは、枠の番号を当てる馬券です。
馬券の名前についている「枠」とは、馬がスタートするまえに入っている横一列にならんだあの枠のことです。枠には番号が振り分けられています。
予想する時には枠の番号を2つ指定します。つまり2頭を予想します。順位は関係なく、この2頭が1着、2着にゴールすれば当たりです。
5. 馬連(ウマレン)
この馬券は、3頭以上が出走するレースの場合に発売されます。馬連とは、馬番号を当てる馬券です。
馬番号とは、枠番号をさらに細かく区切ったものです。予想する時には2頭を予想します。この際にも枠連と同じで順位は関係なく、予想した2頭が1着、2着でゴールすれば当たりです。
6. 馬単(ウマタン)
こちらの馬券は馬連と似ていますが2頭の馬を予想して、さらに順位も予想します。馬番が予想通りだったとしても、着順が違っているとはずれになります。
7. ワイド
こちらの馬券は4頭以上が出走するレースの場合に発売されます。
予想方法は3頭の馬の馬番号を指定します。予想したうちのいずれか2頭が3着以内にはいることができれば当たったことになります。
8. 三連複(サンレンプク)
1~3着までに入ると思う馬を、馬番号で指定する馬券です。着順は関係ありません。
9. 三連単(サンレンタン)
こちらは4頭以上の馬が出走するレースの場合に発売されます。
1~3着にゴールする馬を予想するのは、三連複と同じです。違う点は、三連単の場合、ゴールする順番も予想します。
1~3着までの馬が予想通りでも、予想した順番と合わなければはずれです。
10.WIN5(ウィンファイブ)
インターネットでのみ、購入することができる馬券です。
日本中央競馬会が指定した5つのレースで、それぞれ1着にゴールするのはどの馬かということを予想します。
5つのレースで1着のみを予想する馬券なので、合計5頭を予想することになります。
以上が馬券の種類です。順位が関係してくる馬券もあれば、スタートする時の枠の番号で予想する馬券もあります。
どの馬券を購入するのかも競馬で勝つためには、深く考えなければいけませんね。
競馬予想会社ではどの馬がこのレースには向いているか、どのような組み合わせの馬券を買うべきかを教えてくれます。
データを読み込み、自分なりに解析することでより細かい予想が立てられます。
ほかにも競馬予想会社では競馬関係者のインタビューなども載せているところもあり、ふとした一言の中に、勝敗に関係のある情報が含まれていることもあるので気を付けて読みましょう。
競馬予想会社には馬券の購入方法などから教えてくれる初心者向けのものから、事細かにデータを分析してくれる上級者向けのものまで様々な会社があります。
まずは自分に合った競馬予想サイトを見つけてみるのが、競馬を楽しむための一歩でしょう。情報が理解しやすいと思った競馬予想会社に登録し、情報を分析してみることからおすすめします。
予想を何度か繰り返し、コツを掴んできたと思ったら競馬場へ足を向けてみましょう。
あとはどの馬券を購入すべきか考えて、馬を予想するだけです。
競馬の楽しさを知るには、競馬予想会社への登録から。
これが競馬を愛する人々が持つ、メソッドです。
馬だけでなく、競馬をより一層楽しむためには騎手のことも知ると良いでしょう。
馬をうまく操る騎手も、競馬の勝負を分ける大切なカギになります。
馬との相性、どこで攻めるタイプの騎手なのかなども競馬予想会社が教えてくれますので、データを分析してみましょう。
騎手と馬、レースの特徴、馬券、配当、天気、などを考慮して、一番良いと思える予想ができるといいですね。
競馬予想会社についてもご紹介しましたが、競馬予想会社には悪徳と呼ばれる会社があるということもご説明します。
登録が無料ということを全面に押し出したPRをして個人データを登録させたのち、そのデータをほかのサイトなどに横流しするようです。
出会い系サイトなどからお誘いのメールが鳴りやまなくなってしまったという事例も存在するようなので、競馬予想会社に登録する際には気を付けてくださいね。
クチコミなどをリサーチすると「優良」「悪徳」などを教えてくれるので、その情報をもとにどこの会社にするか検討してもいいでしょう。
競馬には自分で検討して、予想を当てるという楽しみがあります。
頭脳をフルに使って、競馬ライフを楽しんでくださいね。